1000万円貯金する方法はこちら>>

節約で1000万円を貯める方法 実際に1000万円貯めた方法を教えます

節約

2019年6月に金融庁が「老後に必要な資金は2000万円」という発表をしましたが、その後取り下げ、問題をうやむやにした老後資金問題。

決して他人事ではなく、2000万円の金額も大きいものではありません。三菱UFJ銀行のHPによると老後までに貯めておきたい金額は3000万円です。

総務省の家計調査報告によると、高齢無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)の公的年金などの社会保障給付は、1カ月におよそ19万円です。同じく家計調査によると月々の支出はおよそ27万円であるため、不足分は月々8万円程度となります。年間で考えると、8万円×12カ月で96万円。老後期間が20年で1,920万円、25年で2,400万円となり、これに家のリフォームや自動車購入、医療など加えると老後資金は3,000万円程度が目安であるといえます。

三菱UFJ銀行HPより引用

しかもこの金額のカラクリとしては現在の年金金額で計算されていることがポイントです。

これからの時代、年金額はどんどん減っていくことが予想されますので、決して大げさな金額ではなく、実際はこれ以上の金額が必要な可能性も大きいと思われます。

キャベパパ
キャベパパ

医療・介護保険料が含まれていないのも要チェック

年収が1000万も2000万円もある人は問題ないでしょうが、大多数の庶民は死活問題になっている老後資金問題。

もうこれアレコレ言う前にしっかり節約・貯金していくしかないと思います。

そこで今回は、私が節約で実際に1000万円貯めた方法をお伝えします。

キャベパパ
キャベパパ

簡単に言うと、まずは1000万円は貯めましょう!ということ。

まずは100万円貯めたい方はこちらから

・私が実践した効果的に100万円を貯める方法!

スポンサーリンク

1000万円貯めるまでの道のり

1000万円貯めると言っても節約で行う訳ですから、1年や2年で貯められる訳ではありません。

年間100万円貯金すれば10年で貯めれますし、年間200万円なら5年で貯めれます。

私の場合は、8年目で1000万円を達成することが出来ました。

私は30代のサラリーマンで年収400~450万程。妻は専業主婦です。小学生の子供も2人いますので、年間100万円程度貯めるのがやっとです。

単純計算すると10年かかる計算になりますね。

キャベパパ
キャベパパ

なんとか目標達成できて本当によかった~

しかし実際は臨時収入などもあり、8年で1000万円を達成することが出来ました。通帳を見返した具体的な数値は以下の通りです。

初年度は89万円止まりでしたが、その後はだいたい100万円以上ずつ貯金してこれました。

共働き世帯なら年間100万円は余裕でしょうが、妻が正社員じゃなく子供も2人いると100万円程度の貯金がやっとです。

(住宅ローンは別で残存しており、住宅ローン控除もあるので100万円貯めやすかったのはあります)

また、子どもの養育費として別に学資保険に加入しており、子供が大学生になった際に1人300万円受け取れる予定です。

1000万円貯めるための毎月の家計簿

我が家はなるべく節約し、無駄な買い物もせずに日々やり繰りしていますが、夕ご飯は「ご飯とみそ汁だけ」などというような生活はしていません。

そこまで豪華ではありませんが、逆に中国産やブラジル産の肉は買いませんし、サラダ油・マーガリンも使いません。

デザートもほぼ毎日食べます♪

海外旅行には行けてないですが、国内旅行は年に数回行きます。外食も家族で1週間に1度くらい行っていると思います。

そんな我が家での実際の家計簿は>>>年収400万台の家計簿大公開 4人家族(小学生2名含む)に記載しています。

気を付けているポイント

私が節約において気を付けているポイントは大きく分けて以下の3つ

  • 大きい買い物に細心の注意を払う(無駄な買い物はしない)
  • 支払いはなるべくクレジットカードを使う
  • 普段の生活はチリツモ!

大きい買い物に細心の注意を払う(無駄な買い物はしない)

これが1番大事です。いくら日々の食費で節約していても毎年海外旅行に出かけたり、新車に乗り換えていてはお金は貯まりません。

つまり、大きい買い物(出費)をなるべくしないことが貯金への近道になります。

毎月の食費を1万円節約するより、新車(軽自動車でも200万円の時代)を我慢する方がはるかに簡単に節約出来ます。

何百万円もする車を購入する際は値引きも何万・何十万単位で出来たりします。

支払いはなるべくクレジットカードを使う

これは節約家にとってはもはや当たり前の内容になりましたね。ここでも大事なポイントがあります。

  • 固定費をクレジットカードで支払う
  • クレジットカードはなるべく統一する

以上の2点をしっかり押さえてください。

固定費をクレジットカードで支払う

「普段の買い物はクレジットカードを使うこともあるけど、固定費は使っていない」

キャベパパ
キャベパパ

こーいう人はめっちゃ損してます!

例えば電気代に月1万円かかるとして年間12万円かかります。

これを銀行引き落としにしていては何もなりませんが、1%ポイント還元率のクレジットカード払いにするとそれだけで年間1200ポイント入ってきます。

電気代だけではありません。自動車税や固定資産税もクレジットカード払い出来る自治体が年々増加してきています。

こういった固定費は絶対に払わないといけないお金。

どうせ払うならクレジットカードを利用してお得に支払いを済ませましょう!

キャベパパ
キャベパパ

クレジット払い意外にも、最近はQRコード決済でお得に買い物が出来るようにもなりましたね♪まずは>>>QRコード決済を徹底的に比較したで勉強しましょう!

クレジットカードはなるべく統一する

支払うクレジットカードもなるべく統一するのが良いです。

理由は「使い勝手が良いから」

複数のクレジットカードポイントを持っていても、それぞれを上手く使うのは結構面倒です。

その上ポイントによっては有効期限付きなんてものもあり、「うっかり失効」なんてしてしまったら非常に勿体ない!

そうならないためにもメインで使用する(ポイントを貯める)カードは1枚にしておき、お店によってはあと2.3種類のカードを用意しておけば十分だと思います。

ちなみに私のメインカードは、ポイント還元率1.2倍の【リクルートカード】を使っています。(今なら6000円分のポイントがもらえます)

キャベパパ
キャベパパ

1万円の使用で、他にはない120ポイントという高還元率が魅力的ですね!

リクルートポイントが貯まれば、1ポイント1円としてじゃらんホットペッパーグルメで使えます。

私はこのポイントを使って1~2年に1度は、家族で実質無料の宿泊旅行に出かけていますし、普段のカットなどもホットペッパービューティーから予約して実質無料でカットしちゃってます。

1000万円貯めるためのその他の具体的な方法!

普段の生活においてはチリツモ(塵も積もれば山となる)を意識してコツコツ節約しています。

その中でも効果が高い節約方法をいくつかご紹介していきます。

食費を節約する!

やっぱり節約初心者でも始めやすいのが食費の節約になります。

総務省が出している2018年の家計調査報告によると2人以上世帯の1カ月の食費の平均値は79,348円だそうです。

もちろんこれは外食の費用も含まれている訳ですが、これらの費用は節約できます。

例えば「買い物はなるべくまとめて行う」「ディスカウントストアやドン・キホーテなど安いお店で買い物するようにする」「鶏肉はもも肉ではなくむね肉を使う」「クレジットカード払いを使用する」「節約しながらお得に外食する

こういった方法を使うことによって大幅に節約出来ると思います。

詳しくは以下の記事も参考にしてください。

電気代をお得に節約する

1000万円を貯める為には、固定費を節約することが重要です。

その中でも簡単に・効率よく費用を削減出来るのが電気代や水道代を抑える方法になります。

キャベママ
キャベママ

え?電気代って節約できるの?

まだご存じない方もいるかもしれませんが、2016年4月から「電力自由化」が始まり、一般家庭でも好きな電力会社と契約出来るようになりました。

今お使いの電力会社から新しい電力会社に乗り換えるだけで18000円の節約に繋がり、毎月の契約料も年間15万円安くなる場合もあります。

以下の記事が参考になります。

スマホ代を見直す

格安スマホに乗り換えるのも、家計を大きく節約する手段の1つです。

格安スマホの中でもLINEモバイルイオンモバイル がお勧めです。

理由は業界内でもトップクラスの安さと通信速度の安定性です。

私はイオンモバイルを使っていますが、SNSを多く使用する方はLINEモバイルがお勧めです。

逆に家族で複数台所有し、とにかく安く使いたいという方はイオンモバイルのデータシェアプランが良いと思います。

家賃の安い家に引っ越す

固定費として、もしかしたら1番大きなウエイトを占めているのが家賃だと思います。

なかなか簡単には引っ越せないと思いますが、これから引っ越しを検討している方や今の住宅に不満がある方などは節約を期に引っ越しを検討してみても良いかもしれません。

1万円家賃が下がると10年で120万円の節約に繋がります!

また、家賃の更新月になったら家賃の値下げ交渉をしてみるのも1つの手かもしれませんね。

車検費用を安く済ませる

車を所有している人の悩みの種。それは維持費じゃないでしょうか?

特に2年に1度やってくる車検費用、、。

キャベパパ
キャベパパ

毎回10万円以上かかってしまって、正直辛い…

そんな車検費用を半額以下で済ませれたら良いと思いませんか?

詳しくは>>>ユーザー車検で賢く節約!費用や必要なものなどを詳しく解説します☆に記載していますので参考にしてください。

冠婚葬祭費用を抑える

ご祝儀やご香典の金額を下げろと言っているのではありません。

開催する側として、冠婚葬祭費用はバカにならないくらい高いんです。

高度経済成長の時代には、そういった風習でも十分に成り立っていたと思いますが、不景気なこの時代に、風習のみを重要視して家計を苦しめるのは如何なものかなと思います。

規模を縮小するなど、この時代にあった方法も今のうちに検討しておくべきではないでしょうか。

結論

いかがだったでしょうか。私が1000万円貯めた経緯と、具体的な方法についてお伝えしました。

100万円も大金ですが、100万円なら1~2年で貯めることが可能です。でも1000万円になると難易度が上がりますよね。でも全然不可能じゃないです!

そして長期的な目標値として1000万円の貯金というのはやり甲斐があり、目標達成した時の喜びも格別です☆

他にも1000万円貯めることで、

  • 継続力が付く
  • 目標が出来るので日々が充実するようになる
  • 自分に自信が持てるようになる

このような利点もあります★

年収の低い私でも達成出来たのですから、あなたでも達成出来ると思います。是非チャレンジしてくださいね♪

最後まで読んで頂き、ありがとうございました☆彡

コメント

タイトルとURLをコピーしました